Recent Posts

  • 家といった不動産は価値の有る物です

    家というのは、不動産です。その家なのですけれども、生活の基盤になる物だと思います。生活の基盤になる物なのですから、出来るだけ、快適な物にしたいと考えるのは、当然の話なのではないかと思います。それを考えた場合には、家といった不動産を購入する時には、ちゃんと考えなければならない物だと思いますよね。それに、家といった不動産という物は、けして、生活の為の道具だけ、という訳では無いと思います。では、それ以外には、どういった事が有るのでしょうか。これには、色々と有るとは思うのですけれども、やはり、多くの方が考えるのは、やはり、不動産という物は資産で有る、という事なのではないかと思います。不動産とは財産なのです。そういった財産なのですから、やはり、大切にしなければならないと思います。不動産を財産という観点から見た場合、色々な情報がインターネットには有ると思います。例えば、投資としての家、投資対象としての不動産という考え方も、有るのではないかと思います。それ以外にも、財産分与をする時の参考として、不動産の査定をされている方も、沢山いらっしゃると思います。それだけ色々な物が有るのは、やっぱり、不動産というのが、それだけ、価値が有る証拠なのではないかと思います。不動産は高い価値が有るからこそ、やっぱり、慎重にしなければならないという事が有るのではないかと思います。そういった訳で、不動産を扱う時は、慎重に考えなければなりません。

    continue reading →
     
  • オーストラリアの不動産バブル、家が買えない世代。

    オーストラリアの不動産の値段が2005年頃から一気に上がっていきました。シドニーなどの都会はもちろんのこと、人口数万人の地方都市でさえも値段は約倍に跳ね上がり、ちょっとした不動産バブルのようです。でも、まだはじけたわけではないからバブルとは呼ばないのでしょうか?値段の伸びは今では落ち着いているものの、下がる様子はなく、オーストラリア人は合言葉のように「シドニーに家を持つのは夢のまた夢」と言い合っています。オーストラリア人は家にお金をかけるだけではなく、庭の手入れやリフォームなどかなりの労力を費やします。転売しながらより良い家に移り住んでいく、という考え方なので、ちょこちょこと手を加えて家を本当にキレイにしているのです。家の価格が上がったからといって、そのあたりの精神は変わることなく続いているようです。この家の存在に大きなウエイトをおくオーストラリア人の考え方のおかげでここ何年かの不動産の価格高騰ははじけずに保たれているような気がします。とはいえ、不動産価格が跳ね上がったとしても人々の収入も同時に跳ね上がっている訳ではないので、家を持つのは日々難しくなっているようです。ファーストバイヤーの若い世代は安めの郊外にどんどん目を向けるようになり、郊外地域での開発もそれにともなって進んでいます。はたから聞いていると、日本の住宅バブル前のような印象です。このまま進んではじけてしわはないようと願うばかりです。

    continue reading →
     
  • 「家を買う」という不動産投資法

    社会に出て、結婚をし、子供が生まれる頃になると、ほとんどの家庭では「ウチもそろそろマイホームを考えようか。」となり、お近くの住宅展示場やマンションのショールームに週末になると足繁く通うことになるかと思います。日本にばかり住んでいると当たり前の感覚ですが、所帯を持ったら新築の家を建てるというのは、先進国では珍しいのだそうです。日本には、古い家を購入して、リフォームして住むという発想があまり無いのです。日本は複数のプレートの上に存在する国家ですから、古来より大きな地震に見舞われてきました。木造の家屋が多かった点も起因して、世代を繋いで家屋を守り伝えていくという文化はありません(地方の豪農は別ですが)。一説には、日本の家の寿命は20年とまで言われていますので、これはもうプレハブ建屋とっていも差支えない程に、長く住む仕様ではない事が分かります。しっかりした頑丈な家を作ったところで、大きな地震が来たら建て替えざるを得ないのだから、20年程度保てばいい、というのは、ある意味では道理に適った考え方と言えない事もないでしょう。しかし家を不動産として捉えた時はどうでしょうか。おおよそのご家庭では、生涯収入の多くを家のローンに充てている事と思います。ようやく支払いが終わって自分のものになった家の資産価値が、購入当時の1/4になってしまった、等という話は当たり前です。それだけ日本の家には資産価値が認められないのです。それもそのはず、20年保てばいいと考えて作られる家ですから、ローン完済時にはもはや家の寿命は尽きているのです。なんともやるせないと思いませんか?折角建てるなら、子や孫に残せる家を建てたいですよね。その方が不動産としての価値も保てますので。日本国内に大企業だけでなく、中小で頑張っている不動産業者様がたくさんおられます。そうした業者様の中には、上記の点を課題として取り組んでおられる所が多数あります。資産価値の高い家を建てたいのなら、CMをしていて認知度の高い大企業だけではなく、自ら動いて情報収集される事をお勧めします。きっとあなたが望む家を適正な価格で建てて頂ける不動産会社様がおられますよ。

    continue reading →
     
  • 家として住む不動産にはセキュリティが必要です

    不動産は社会的な信用が高いので、1つのステータスとなっています。しかし、自分が住むケースと、投資対象として運用するケースの2種類があるのです。当然、そのどちらかによって、選ぶ基準は大きく変わります。例えば、投資対象としてなら、入居者が集まりやすい物件かどうかが重要です。その為、交通の便が良いかどうかがポイントとなり、立地条件が第一になると思います。それに対して、自分が住む家とする場合は、大きく変わってきます。まずセキュリティがしっかりしているかどうかをチェックする必要があるのです。現在では、何もせずに安全という時代ではなくなりました。私の住んでいる近所でも、何回も空き巣の被害に遭っているマンションがあるのです。どうやら、同じように見えるマンションでも、セキュリティがしっかりしているかどうかで明暗が分かれるようです。私は、その事件を知ってから、よりセキュリティがあるかどうかを重要視するようになりました。特に、一戸建てと異なり、マンションは個人の判断でセキュリティを追加できません。だから、始めからセキュリティが設置されているマンションを選ばなくてはいけないと思います。監視カメラが作動しているだけでも、高い防犯効果があるようです。施錠が何箇所もされていれば、それだけ部外者に侵入されにくいですし、安全です。それに、そのようなセキュリティがしっかりしたマンションには、やっぱり防犯意識の高い住人が集まるものです。入居者の意識が高ければ、さらに防犯効果は高まります。自分と大切な家族を守る為にも、セキュリティをしっかり確認しておくことをお勧めします。

    continue reading →
     
  • 家といった不動産は価値が大きいです

    家は不動産です。不動産は資産価値が有ります。ただ住む為の物では無く、家を購入する時は、そういった事を考えても良いと思います。ただ家は高級な物です。なかなか手に入りません。何十年も働いてお金を貯蓄しなければなりません。例えば、ローンで、家を購入したとします。そのローンを支払った時、名実共に、その家は、財産になるのです。家を手に入れたならば、後は個人の自由になって来ます。もっと良い家にする為にリフォームをしても誰も文句は言わないと思います。土地の価値などが上がった場合に、家ごと売却するのも自由です。その時に入るお金は、膨大な物になると思います。そういった不動産によって、資産を殖やしている方も沢山居ます。基本的に、家は、住む物だと考えている方が、ほとんどだと思います。しかしいざという時に、家や不動産は、最後の切り札になる事も有ります。例えば、ローンについてもそうです。例えば不動産担保ローンという商品も、ローン会社には用意されています。不動産を担保にしてお金を借り受ける事が出来ます。不動産なので、その借りられる金額はとても大きな物になります。なぜ、それほどのお金を借り受けられるかというと、やはり、一般的に、不動産というのは、とても大きな価値が有る事の証明なのではないかと思います。不動産というのは、それだけ、需要がある物なのです。ただ、不動産担保ローンの場合は、返済出来なければ、不動産を取られてしまうというデメリットも大きいです。そういった事を考えて、やらなければなりません。こういったように、不動産というのは、大きな価値が有ります。家も価値が有ります。例えば、人に貸す事も出来ます。それによって、家賃収入が見込めるという事も出来ますよね。これは多くの方がやっておられる物だと思います。家賃収入もなかなか魅力的な、不動産の利用方法だと思います。みなさんも、不動産を持っておられるならば、家を持っておられるならば、有効活用を考えてみましょう。

    continue reading →